安倍元首相暗殺事件:警備の急所を巧みに突いた山上容疑者
Photo by eberhard grossgasteiger on Pexels.com
スポンサーリンク
 安倍晋三元総理が、7月8日参議院選挙の3日前に殺害された。日本の元総理が、警察の警備下で殺害されるようなことは絶対にあってはならないことだった。

JBpressですべての写真や図表を見る

銃撃から元総理を守れなかったことは、警護およびその関係者に問題があったという指摘が多くなされている。

しかし、軍事作戦分析の視点から考えると、警護を依頼した側に重大な責任があるといえる。

この事件には、多くの教訓がある。

政治家を含めた日本人の警備(防衛)についての無関心、他人任せ、警戒心の低さ・・・。

さらに、これまでとはイメージが異なる犯罪人、周到に準備して狙われれば対応が難しく、瞬時の判断も難しい。

警備に対する日本人の誤解など気付いた点は数多くある。

もしも、複数の犯人がいたり、爆発物による爆破が併用されたりしていれば、もっと多くの被害者が出ただろう。

今回の事件は、警察の警備体制だけの問題ではない。この問題の深層にあるものを見つけ出さなければ、今後の危機管理(テロ対策)の教訓とはならない。

警備関係者だけが検証するだけでは、日本人危機管理の問題点は、明らかにならずに終わってしまう。

日本人の警戒心の少なさ、政治家の責任、事前に防止する意識と処置の重要性も含め、問題の深層を探ることに重点を置いて考察する。

1.映像から問題点指摘は誰にでもできる

事件後の報道では、この映像を元に何が悪かったのかが検証されている。

事態が発生してから、その映像を見て犯人とその行動が見えれば、誰だって問題点を指摘できる。

このような検証では、表面上の問題しか指摘しておらず、深層部分にある問題点とは言えない。

安倍元総理の殺害に至る各段階で、警護の問題について報道で指摘されているのは次の通りだ。

①犯人が、VIPの近くでショルダーバッグを携行している。警察は、爆薬・銃器・ナイフ等を携行しているかもしれないので、バッグの中身を確認する必要があった。

②元総理の背後に警護員を後ろ向きにして配置していなかった。

③警護員が、VIPに近づく不審物を持った人に近づき、「止まれ!」と大声で静止、あるいは、体で静止させられなかった。

④バッグから不審物を出す時、捕まえられなかった。そして、尋問ができなかった。

⑤1発目を発射した瞬間に、取り押さえられなかったのか。

⑥⑤の後、VIPの前に、人壁を作れなかったのか。

⑦2発目発射の前に、取り押さえられなかったのか。

⑧もし、複数犯によるものであったら、大惨事になった可能性がある。

⑨警備員SPの数が少ないなどの大きなミスがある。

これらの指摘は、映像が見えるから、犯人が誰であるか特定できていたから、指摘できるのである。

これらをテレビ報道で指摘するのは、視聴者にとっては重要なことだとは思うが、私は誤解を招くことになると思う。

問題なのは、このような犯人像を想定して準備ができていたのかということだ。

自作銃(一見見ただけでは銃には見えない)で殺害に及ぶことを事前に予想して、対策を取っていたのか、訓練していたのかということだ。

さらに、選挙活動を支援する人々および集まっている観衆の警戒感のなさも、事件を成功させてしまった要因となった。

この時、自作の銃ではなく、パリの同時多発テロや世界の空港などで行われた爆破テロのように、本物の自動小銃、手榴弾、爆発物であれば、多くの人々が死傷していたに違いない。

世界で発生しているテロが日本でも起きることを予測しておくことが、自分を守ることにつながる。

2.安倍元首相を守れなかった本当の理由

教訓1:今回の犯罪者は、過去のイメージと違っていた

警護に当たっては、事前の検討において、犯罪者(敵)はその場にいるのか、その犯罪者はどんな人物か、または組織か、ほかにも脅威はあるのか、などを考えてシナリオを研究するだろう。

過去20年ほどの事例を踏まえると、2000年以降、日本の国会議員が選挙運動期間中に襲撃されたのは、安倍元総理の事案が初めてだ。

大臣クラスの選挙運動でも、大臣が狙われたことはない。これまでなかったということだ。

つまり、政治家とその関係者、および警備関係者は、立会演説をしている議員をその場で襲う敵はいない、これまでもいなかったので今回も可能性は極めて低いと思っていた。

通常は、ほとんどないと考えるだろう。だから、警備関係者は、万が一のために備える準備をしようとは考えなかった。

立候補者とその関係者も自分が襲われるとは考えてはいなかった。

そのため立会演説者はなるべく有権者に近づき、握手しようとするし、警護は警備員まかせである。

銃撃事件が起きるとは、誰も想像できていなかったということだ。

事前に、「敵は誰か」と考えていたとしよう。

政治家の敵は誰か。これまでの銃撃事件などでは、右翼か暴力団だった。

政治家を殺害しようとする人物は、政治的な意図がある人と思われていた。

テロリストであれば、イスラム過激派北朝鮮特殊部隊工作員、これまで日本で銃撃事件を起こしてきた右翼・暴力団員だ。

警護に当たる者は、おそらく、これらの人物を想定していたはずだ。

しかし、今回の犯人は日本でこれまで起こった事件とは全く異なる予想外といえる人物であった。

世界で見ると、テロの一匹狼と呼ばれるホームグローンテロリストの印象だ。

現実には、群衆の中からこのような人物を探し出すのは、容易にできるものではない。

事件当日の報道や政治家の発言を覚えているだろうか。

メディア政治家も、「政治家の選挙期間中の殺害は、民主主義への冒涜だ、言論を力で封殺するものだ」と言っていた。

ところが、犯人についての情報によれば、政治的な意図による殺害よりも、特定の宗教団体への恨みが根底にあったからであった。

つまり、メディア政治家も、犯人像を誤っていたのだ。

今思えば、かなりピンボケな報道であり、政治家の発言であった。政治家が殺害されたが、テロではなく、恨みによる犯罪であったのだ。

ということは、メディア政治家も、犯人像についてのイメージが全く違っていたということだ。

であれば、警護とその関係者も、100%想定には入っていない犯人像だったのだ。これが、短時間に発生した事件を防げなかった大きな要因の一つだ。

教訓2:周到に準備された襲撃(テロ)を防げるのか

山上容疑者は、誤解から生じた積年の恨みを晴らすべく、爆発物やいくつもの自作銃の製造、試し打ちを行うなど、長い期間をかけて準備してきた。

しかし、岡山では警備が十分に行われていたことから実行しなかった。奈良の場合は、犯人から見て、実行できると判断し実行に移した。

犯人からしてみれば、おそらく過去の選挙演説などから、今回実行された場所での行動予測は想定されていたと見てよい。

つまり、犯人には殺害のための準備に十分な時間があり、警護の側は、全く時間がなかったといえる。

もし、犯人がその地で成功できないと判断していれば、取りやめて実行可能な場所を選んでいたに違いない。

そうであるならば、安倍元総理の殺害は遅かれ早かれ成功した可能性がある。

警備関係者が起こるとは思ってもみなかった国会議員の選挙活動中の銃による殺害事件が、犯人の周到な準備により実行されてしまった。

周到に準備された襲撃(テロ)を防ぐのは大変難しいということだ。

このような犯罪者を事前に捜査線上に上げるには、近隣住民の情報提供、通信傍受、インターネット傍受が重要な役割を担う。

近隣住民の情報提供の環境を作るには、自治体による啓蒙活動が必要である。

一方で、手荷物検査や声掛けを行うなどの警備が行われれば、あるいは厳重な警備を見せつければ、犯人はそこを避けるという意識が働き、安全は高まる。

教訓3:今まで発生しなかったのは、抑止できていたからではない

国会議員の選挙活動の年月と国会議員の数を積算すれば、途方もない数になる。しかし、選挙期間中に銃撃は発生しなかった。

これは、警護員を立候補者の近くに立たせていたから、警察を配置していたから、抑止効果があったのだろうか。

これまで、未遂もなかったわけだから、実行しようと考える人がいなかったことになる。誰もが自作の銃で安倍元総理を殺害することなど考えてもいなかった。

結果的に、軍事作戦でいうところの奇襲であった。

犯人自身は、奇襲とは考えていなかっただろうが、現実としては、そうなった。警護担当者もすべての日本人も、奇襲攻撃を受けたということになる。

教訓4:警護のための準備時間が足りなかった

安倍元総理が、当日その現場に来ることが判明したのは前日であった。警護関係者にとって、前日に伝えられても十分には準備できない。

私は、自衛隊の12師団や空挺団で政治家が来隊する行事の警備を直接担当し、責任者でもあったことがある。何日も前から準備をしたことを覚えている。

VIPの行動の確認、計画の立案(近くでの直接警護と離れたところでの間接警護)、シナリオ検討(図上研究のため地図の準備)、部隊長に報告と指導を受け、警備要員の人員調整をし、要員を集めて警備要領を徹底した。

具体的には、敵は誰で、この方向から攻撃してくる、そこに配置する警備員に、どうするのかと質問し、実演を行う。

パターンも確認するのだ。当然、通信チェックし、通信による警報を発せられるようにしておかなければならない。

さらに、所轄の警察署との調整、自衛隊の刑務隊・調査隊との調整も事前に行う。

選挙演説の場合は、警備関係者と政治家との調整は当然行われるべきである。

前日の依頼では、調整するような時間はあるはずもない。詳細は不明だが、立候補者やその支援者に警備についての案があったのかどうか大きな疑問だ。

警備の準備の時間を与えなかった立候補者とその関係者は、そのことに自覚と反省はあったのだろうか。

警護の仕事は警察の仕事だ、責任だということだけでは、やらされた方が悲劇だ。

日本の警察は優秀だと評価されている。だが、限界を超えたことをやらされれば、できないことが出てくるのということは予想できる。

防御戦闘でも、長期間防御の任務を与えるには、長期間の防御準備時間を与えなければならないことになっている。

狙われる可能性があるVIPを警護するには、より多くの準備時間が必要であるということだ。

教訓5:警護の瞬時の状況判断と行動に狂いが生じた

1発目は、奇襲攻撃を受けて、対応できなかったということは、ある程度は納得もできる。

だが、2~3秒後に、2発目を撃たれてそれが命中したことは、警護ができていないと批判されても仕方がない。

SPは警護の専門家なのだから、それができて当たり前だと言う。

2~3秒間に犯人を突き飛ばす、安倍元総理に覆いかぶさることはできたはずだと、メディアで警察出身のコメンテーターは言う。

ロナルド・レーガン大統領の銃撃事件をテレビで見たことがある。これが、SPの仕事かと思ったものだ。

今回も、このようなことをして守ることは、当然あるべきだと言うだろう。米国では、誰もが拳銃を持てることから、いつ銃撃事件が起きても不思議ではない。

米国のような銃社会と日本のように全くない社会とでは、警護の緊張度も警護体制も全く違ってくる。

では、日本社会において、2~3秒間のために、緊張度を維持しておくことができたのか、とっさの判断ができたのであろうか。

教訓6:日本・日本人の警戒心は極めて低い

演説を聞きに来ていた周りにいた人々の対応はどうだったのか。

銃撃の時の映像を見ると、身をかがめる者は誰もいない。走って逃げる人もいない。「何があったのだろう」と突っ立って見ている人ばかりであった。

パリの同時多発テロでは、バタクラン劇場にいた大勢の人々が、入り口から入ってきたテロリストに銃撃されて殺害された。

その時の教訓から、私は「ほんまでっかTV」に出演し、銃撃されれば、速やかに床に伏せるか、身をかがめて逃げろ、そしてテロリストの視界から消えろと語った。

『究極の危機管理』(内外出版)や『自衛隊はISのテロとどう戦うか』(祥伝社)にも書いた。

今回の銃撃事件で、1発目発射の時、誰も伏せる人、身をかがめて走って逃げる人はいなかった。

1発の銃声では、誰も銃撃とは分からないからだろう。こんなことに遭遇することは、日本社会ではめったにないからだ。

世界で起きていることなのに、日本では起きないと、ほとんどの人々が感じているからだ。

ドイツフランクフルト空港の手荷物検査の時、不審な者を持っていると疑われた時、自動小銃を持った2人の警察官が傍に来ていた。

つまり、不審物を持つ者は、テロリストの可能性があると見ているのだ。日本とは全く異なる対応だ。不審者犯罪者であるという見方なのだろう。

教訓7:警備・武器・防衛に関する日本人の誤解

ローマのコロセオの周囲やトレビの泉を訪れた時、その近くには、多くの警備用の装甲車と大勢の警察官がいた。

パリやベルリンクリスマスマーケットや寺院でも、多くの警察車両と警察官が、自動小銃を持って警備をしていた。

警察官は、いつも自動小銃の引き金に人差し指をかけている。

ノートルダム寺院ルーブル美術館でも、厳重な警備が行われ、地下鉄の駅では自動小銃を持った3人の警察官が警備をしていた。

一度、イスラム系の人が、地下鉄の駅で銃を突き付けられ、上半身を裸にされ尋問されていたのを見たことがある。

私が、駅の改札を警戒している警察官たちの写真を撮影した時には、大声を出して追いかけられたこともあった。

パリ・ノートルダム寺院の警備

ローマ・コロッセオの警備

記念日などで人々が集まるところでは、大きなコンクリート製の車止めが、幾重にも置かれている。

欧州に住む友人の感想を聞いたところ、これらの警察の行為が市民を守っていて、安心して食事もできるし、買い物もできるという。

ドイツクリスマスマーケット、車止め用ブロック

では、日本人の感覚はどうなのだろうか。

トレビの泉の近くでこれらの様子を見た日本人女性観光客は、「怖いわ~」と口にしていた。同じものを見ても、欧州の人々は、「これで安心だ」と言う。日本人は「怖い」と言う。

外国人が大勢参加する「テロ対策」番組で、一人の外国人が電話を盗聴されるのはいやだ、プライバシーが大事と言った。

それに対して、大勢の外国人は、テロ対策のために携帯電話を盗聴されても構わない、安全が大事だと言った。

プライバシーが大事だと言った一人の外国人に対して、大声で批判したのを覚えている。

日本人は、警備が自分や家族を含めた人々の命を守っていることを認識すべきだろう。

教訓8:融和的雰囲気を出したい立候補者は、物々しい警備を好まない

国会議員に立候補する政治家は、選挙運動の際に物々しい警備を好まないという。

なぜなら、有権者に接近し、親しげに握手し、有権者と一緒だ、そしてその声を国会に届けるのだという戦略があるからだ。

だから、盾を持った警察官が近くで立っていれば、親しみが損なわれ隔絶しているというイメージを持たれて、大事な1票が取れなくなると思っているのではなかろうか。

そのため、警察は警備しているところをなるべく見えないようにとお願いされるらしい。

警察官が防護服を着て、盾を持って立っていることなど、絶対にやめてほしいと言うのだそうだ。

本当は、群衆に潜む犯人たちをビビらせ、犯罪を抑止できることなのにだ。

立候補者は、有権者から1票でも多くの票を取りたい。だから、警備はそっちのけで、有権者に近づき握手しまくる。

このような状態にもかかわらず、警備は完全にお任せ状態である。これでは、警護する側に立ってみれば、警護の限界を超えてしまう。

これまで、事件が起こらなかったのは、犯人が本気で殺害しようと思って近づいてこなかっただけなのだ。

準備を周到にして、本気で殺害しようと思ったら、選挙運動の時が、絶好のチャンス到来ということになっていたはずだ。

政治家は、警察と一緒に警備を考えるべきだ。警備は自分たちの責任としても考えるべきだろう。

今回の事件では、「警護が不十分だった」と、警備に責任を押し付けているのも、日本の大きな問題の一つだと思う。

教訓9:敵の行動を常に予測する

刑事事件では、起きた事件を捜査する、つまり過去に焦点を当てている。

警護は、未来にどのようなことが発生するかを予測して準備をする、つまり、未来に焦点を当てる。

だから、やっていることが全く異なる。今回の事件について、刑事課に所属していた人が、警護について評価することは、理に叶ってはいない。

これが、メディアに流れることも適切だとはいえない。今回の事件の対策を検討するにあたって、警護の在り方について、国民に誤解が生じる可能性があるからだ。

未来を予測することは難しい。

軍事作戦では、情報見積り(敵の行動を予測すること)を行う。敵軍の戦力、過去の実績、敵指揮官の性格、これまで確認できている兆候、地形・天候気象などから、敵軍の行動を予測するのだ。

いくつかの可能行動を列挙すること、その中から最も可能性が高いものを選定する。

また、可能性が少ないが、わが軍にとって最も大きな影響を及ぼす奇襲も検討する。

敵軍は、自由な意思を持っている。見積もりが誤ってしまえば、弱点を突かれ、わが軍は敗北するのだ。

今川義元織田信長に桶狭間で奇襲攻撃を受けて破れた。つまり、今川勢は織田勢の奇襲攻撃を見積もっていなかったので敗北したのだ。

このように、未来を予測して警護計画を作成すること、準備をすることは難しい。

私が師団司令部の情報部長をしていた時には、師団長や幕僚長から、「敵の可能行動はどうなっている?脳漿(のうしょう)を絞れ」とお叱りを受けたことを思い出す。

実際に戦争をしていないので、失敗しても部隊が大きな損害を受けることはない。

だが、警備での犯罪者の予測は、誤りや欠落は許されない。

軍事行動では、敵軍を見積もり、わが軍の行動を列挙して、図上で戦争シミュレーション(兵欺演習・図上研究)を行う。

問題があれば、問題を解決できるまで、何度も行う。そして、現実的な対応を考えるのだ。

この結果を踏まえて、隷下部隊に命令を発出する。部隊は、さらに細かい図上研究を行う。隊員一人ひとりに徹底するまで行う。

そして、やっと現実的な行動が取れるようになる。

自衛隊が災害派遣に出動する時も同じことを行う。この時の敵は、天候気象と災害だ。

私は、この手法を危機管理の教育でも重点を置いて講義している。

日本政府の危機管理部署、教育機関、自治体、企業でも、図上研究の重要性とこの要領を説明している。この要領が、軽易に実施されるようになってほしいと思う。

3.まとめ

事件が発生するたびに、私は最も大きな問題として日本政府、自治体、企業の危機管理の在り方に重大な欠陥があると感じている。

政府関係者は、この事件の検証について警備関係者だけに留めておきたいと思うかもしれない。

この事件の検証を警備関係者だけで実施すれば、日本の危機管理上の深層にある部分を解決する方策は出てこないであろう。

日本は、爆破テロがない国、銃撃テロがない国だと思い込んでいるようだが、実は、世界でも特異だといわれるサリン事件、京都アニでのガソリン爆破事件、北朝鮮による拉致、列車内殺傷・放火事件が起きている。

日本は他国に比べ安全な国ではあるが、特異で凶悪な犯罪(テロ)も発生している。

そう考えれば、警備について国民自身が意識を変え、自治体全体で町の安全を考えることが必要だ。

警備は警察や警備会社任せにはせず、政治家も国民の命や自分の命を守る意識を持つことが重要であろう。

危機管理で重要なことは、発生する前にこのことを詳細に予測したのか、その予測に基づいて処置を取る事前の教育(シナリオ研究・図上訓練)を実施したのか、そして、これらを踏まえた警備実施計画ができたのか、全員に徹底できたのかである。

管理者はこれらを実行するために、関係者に十分な時間を与えて実行することだ。

また、警察官が数秒の間での判断と行動ができるように、組織が訓練をしておくことも重要だ。

さらに民間の我々も、同様のことができるような心構えをしておくことだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  弾薬庫を狙い撃ちされ、戦闘不能に陥り始めたロシア軍

[関連記事]

膠着から反転攻勢へ、ウクライナ軍はどこまで進むか

徹底解説:「鶴翼の陣」の弱点突かれたロシア軍の末路

京都アニメーションの放火事件も全く予測外のテロだった(写真は事件当時のもの、写真:ロイター/アフロ)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

JBパーてどこから突かれても急所しかないじゃん。

人殺しの手段を“見事”と言える人間性。

見事ってどういうこと?

なんだこのタイトルに記事の内容。演説してる立候補者への暗殺礼賛してんのか?

本音を隠せないんですねぇ

記事タイトルが見事から巧みに変わってるやん、今更本音隠さんでもバレバレやが

”巧み”も賞賛の言葉だから変えた意味ないな。ド低能を腐れ脳みそに言い換えたぐらい意味ない。

投稿した後の批判を受けての訂正は誰にでも出来る。未然にそれを防ぐには記者の意識改善と、記者に責任を押し付けず出版社が更生を行い責任を持つべきだ。 こうですか?ブーメランぶっささってますな。政府叩きたさに前のめりすぎるから本音がポロリするんだろ

悪意が隠せないJBpress

「見事」から「巧み」にこっそり変えてテロリスト側だというのを隠したつもりか。どっちにしてもアウトだし、最初の見事というのはやはり本音が漏れたんだろうと解る。なんにせよ、テロ礼賛、便乗犯だというのは変わらない。

そりゃ反日JBpressだよ?安倍さん亡くなって嬉しいに決まってるじゃん。

見事ってなに。更にそれを慌てて巧みに変えたとかw犯人サイドの主張ですって答え合わせしてるのと変わらんだろw困ったらまた文章変更するかねえ

安倍自身の言葉のように、安全な日本に誇りを持っていた頃もあったんだけどな。「残念ながらそれは出来なくなった。」っつうのを踏まえた方がいい。最近海外かぶれで結論知っているつもりで話を始める奴が多すぎだわ。日本が目指すベストを考えていけば良いのに。

なんだろう、よほど愉快だったんかな?感想文?

朝日新聞が「コロナは痛快!」と言って問題になってたの思い出したわ。本音って出ちゃうもんなんだな

山上が見事とか巧みではなくてガバガバだっただけ

山上を讃えるメディア

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事