1600円でコレ!? 残念すぎた海外カフェ飯。思い知らされた日本の鬼コスパ
Photo by Disha Sheta on Pexels.com
スポンサーリンク

これで……

日本には「ここがスゴイ」という点がいくつもありますが、筆者のイチオシは「食」です! 海外在住の人間からすると、日本の外食環境がうらやましい。そう、そのへんにある、手軽に入れる店のレベルがめちゃくちゃ高いのです。(文:はっしーニュージーランド在住)

ハズレ率」が全然違う!

特に「とんでもない」のが、500円?ぐらいの価格帯です。このラインクオリティの高さは、先進国では群を抜いています。まずメニュー選択肢が多い。500円でも牛丼や海鮮丼カレーパスタラーメンだって食べられます。そのどれもが外食としてちゃんと美味しく、店舗は清潔で接客も丁寧。おまけチップもいらないのですから、もはや驚愕するレベルです。

筆者が住んでいるニュージーランドでは、外食するなら最低でも1食1000円は払わなければいけません。しかも結構当たり外れが大きい。先日友人がカフェで20ドル(約1600円)するご飯を頼んだら、トースト一切れに卵1個、親指程度のソーセージがたった2本というとんでもないハズレを引いたと嘆いていました。

ニュージーランド1600円払って出てきたカフェご飯

日本のカフェなら、800円も出せば、けっこうちゃんとしたモーニングが食べられますよね……。

一時帰国の楽しみは、なんといってもご飯!

海外に住む日本人にとって、安くて美味しい外食は、一時帰国における最大の楽しみのひとつでしょう。

特に都市部では、世界各国の料理が楽しめます。寿司や蕎麦などの純和食はもちろん、ラーメンカレーライスカツ丼など国外の料理を日本流にアレンジした料理も豊富ですよね。パンにあんこを詰めたり、パスタタラコをからめたりと、和と洋の食材を融合させて新しい料理を作るのも非常に上手いなと感じます。

イギリス文化圏で人気のフィッシュアンドチップス白身魚フライフライドポテト)にしても、カレー粉やコンソメで味変できるようにすればもっと進化するのではと思うのですが、どこの店に行っても味付けは塩かビネガー、せいぜいケチャップくらいしか出てきません。

既存の料理にもどんどん変化を加えて進化させていく、日本人のチャレンジ精神には脱帽です。

「飲み放題」ができるほどお酒が安い

中でも、日本に帰ってくるたび驚かされるのは「居酒屋の安さ」です。先日訪れた博多の立ち飲み屋では生ビールが1杯500円、焼酎のお湯割りが1杯200円でした。これは先進国のバーと比べるととんでもない低価格です。

筆者はこれまでシンガポールオーストラリアニュージーランドなどのバーを訪れたことがありますが、生ビール1杯で1000円は取られるのが普通でした。日本のジョッキは小さめであることを差し引いても、お酒の好きな人にとって生ビールワンコインで飲めるのは非常にありがたいことです。

さらに日本では、「飲み放題」という夢のような飲み方が一般化しています。2000円?3000円も出せばどれだけ飲んでも定額なんて、こんな業態は海外で見たことがありません。おそらく日本人アルコールに弱い体質を前提に成り立っている商売で、同じことをドイツや北欧でやったら店ごと飲み尽くされてしまうのではないでしょうか。

安くて美味しいお酒とおつまみがあれば、日本の夜はまさに天国。日本の観光名所のひとつとして、居酒屋が世界中から支持されているのも納得です。もはや完全無欠かと思える日本の外食。あえてひとつだけ弱点を挙げるとすれば「宅配ピザが割高」なところくらいでしょうか。

ドミノ・ピザを例に取ると、トマトソースソーセージが乗ったシンプルアメリカンピザでも、Mサイズで1900円します。本場アメリカで同等のピザを頼むと8ドル(約1100円)程度、しかもサイズも日本より大きいもよう。筆者の住んでいるニュージーランドではさらに安く、1枚5ドル(約400円)から注文できます。想像ですが、欧米では1回の注文でオーダーされる枚数が多いので、配達コストが低めになるのかもしれません。

ふだん欧米諸国にいる人が、わざわざ日本で宅配ピザを頼むのはレアケースかと思いますが……。

—–

【筆者プロフィールはっしー
ニュージーランド在住のウェブライター。日本のIT業界の激務に疲れ果て、残業のない職場を求めて2014年ニュージーランドへ移住する。現地企業のプログラマーとして4年半勤めたのち退職。現在はライター業のほか、将棋教室運営、畑の草むしりなどで生計を立てている。

1600円でコレ!? 残念すぎた海外カフェ飯。思い知らされた日本の鬼コスパ

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

メシマズ圏だから仕方ない。卵半熟だけど大丈夫?

「畑の草むしりなどで生計を立てている。」とは。まさに「w(草)」。

羊肉が安いって聞いたのは遥か昔だけど...今でもどうなんすかね?

日本の外食が安いのは、従業員の給料(時給)が安いからっていうのもあるけどね。お店同士の競争も厳しいし。

焦がしてるのを隠そうともしないのがすごい。飲食店として働いてる人間の料理がこれなんだから、一般人の料理ってのは想像を絶するんだろうねww

カフェごはんでピザ3枚食えるやんw外食がバグってるんだろうな

これだとコンビニでお握りやパンを買ったりマックにでも行った方が遥かにマシだな。流石に食事がこんなのだと海外へ行きたいとは到底思えないわ。日本国内もいろいろとなんだかなーってところはあるけど食事に関してだけはこんなレベルの店見た事がない。今後こういった外れの店が増えない事をお祈りします。

高い安い以前に店で出すクオリティに見えない

この切り口ではなくて「日本で食える500円飯。ニュージーランドでいくらだろう?」のほうがいいな。3200円だとしたら「この飯に含まれる人件費取り分は原価を引いてだいたい2800円相当ですね。人の手がそれだけ高く評価されています」と主張できる。日本は人件費を含めなさすぎなんだよ。

こんなゴミメシを\1600相当で現地人にも出してるのか、甚だ疑問。『日本人だったら大人しいし、カネ持ってっし手抜きでも黙って払うだろw』ってナメた意識でボッタクってる可能性も高い。ていうか、日常と化した中韓の挑発といい日本はナメられすぎなんだよ世界から。

幾らであろうとこれに金を払うぐらいなら自分で作るわい

では海外の飲食店の従業員の給料が高いかというとそういう訳でも無いのが色々と察する所

全ての出羽守は口をもぎ取れ

キレイに調理されてたとしても300円も出したくないわw

日本は食事や雑貨が安い 代わりに交通機関と家賃が高い 流通のレベルが高くインフラが発展してて国土が狭い故の結果なんだなあ

海外の場合はコンドミニアム系を借りて自分で作るか、ちゃんとしたリストランテに行ったほうが良い。ニュージーランドやオーストラリアであれば、肉は割と安く量も食べれるけどね

日本景気悪いなあ

失敗したラピュタパンだろ?w

妹が初めて作ってくれた朝ごはんっていうコンカフェ飯と思いこめばまあそれっぽい値段

ただ海外の場合税率が違ったりするのでそこも加味しないとって話もある。ただこれは酷いな値段関係なく金出して食べたいと思わん。

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事