ワシントン、ニューヨークに大量の移民を送りつける国境州知事たちの怒り
Photo by Pixabay on Pexels.com
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

JBpressですべての写真や図表を見る

米国での大規模な不法入国者問題が、切迫した課題として一気に全米レベルで拡大した。バイデン政権の登場からこれまでに中南米から不法入国した者は約400万人とも目される。その一部が国境地域の共和党知事たちによって、首都ワシントンの副大統領公邸や、民主党エリートが集まるマサチュ―セッツ州の有名避暑地に突然運ばれてきたからだ。

これまでこの問題を大きく報じなかった民主党寄りの大手メディアも大々的に報道した。その結果、以前からこの入国者の扱いでは支持率が低かった民主党バイデン大統領は守勢に立たされ、11月の中間選挙で民主党側に不利な影響が及ぶ展望も浮かんできた。

副大統領公邸前に突然現れた「不法移民」集団

9月15日朝、首都ワシントンの閑静な中心部にあるハリス副大統領の公邸前に突然、大型バス2台が乗りつけ、降りてきた男女100人ほどの集団が門前に立ちふさがった。ふだんは人通りの少ない静かな一角であるため、この集団は大いに目立った。ちなみに副大統領公邸は私の自宅から近く、長年の通勤路にあたる。

公邸前に出現したのは、ベネズエラコロンビアウルグアイといった中南米諸国から最近、正規の手続きを経ずに米国に入ってきた若者中心の不法入国者たちだった。

この集団はテキサス州のグレグ・アボット知事の指示で、カマラ・ハリス大統領に陳情に来たことが判明した。バイデン政権では、ハリス副大統領が移民・難民問題の最高責任者とされている。

国境をメキシコと接したテキサス州は、正規の手続きを経ないで入国してきた中南米からの人たちであふれ、州独自ではもう対応ができない。そこで、連邦政府に支援をしてもらいたい、とハリス副大統領に陳情に来たのだ。

その前日の9月14日には、北部マサチューセッツ州の風光明媚なマーサズ・ヴィニヤード島にも、ベネズエラなどから不法入国してきた男女計50人ほどが送り込まれた。この集団は、フロリダ州のロン・デサンティス知事(共和党)の指示で特別機で運ばれてきたことが判明した。

こちらも、不法入国者の世話はフロリダ州だけではもうできないからマーサズ・ヴィニヤード島に住む民主党エリートたちに世話をしてもらいたい、という陳情だった。環境の美しさで知られる同島にはバラク・オバマ大統領など民主党系の大物たちの別荘が軒を並べている。

フロリダ州はメキシコとの国境に接してはいないが、国境州に近く、中南米系のヒスパニック住民が従来から多いことなどから最近は不法入国者が大量に流入していた。

不法入国者に寛容なバイデン政権

この2つの“陳情”は、従来から民主党支持のニューヨークタイムズワシントンポストCNNテレビなどによっても大きく報道された。共和党のアボット、デサンティス両知事の行動を「政治的な違法工作」だなどと非難したバイデン政権側の主張も報じていた。

両知事がこうした行動をとった原因は、バイデン政権の登場以来、記録破りの規模で急増してきた米国への不法入国者たちの存在だった。

バイデン氏は大統領選挙中から、当時のトランプ大統領の国境の壁建設による厳しい入国管理政策に反対し、就任するとすぐ壁の建設を止め、寛容な入国政策を明らかにした。不法に入国して拘束された外国人も老若を問わず基本的に強制送還はせず、一時は拘束してもすぐに解放し、移民や難民の手続きをとることを許すという趣旨だった。

その結果、米国政府の不法入国の取り締まりはきわめて緩やかとなった。このため中南米諸国からメキシコ領を通って米国に入ろうとする人たちの数が爆発的に増加した。メキシコと国境を接するのはテキサス、ニューメキシコアリゾナカリフォルニアの4州だが、メキシコ側の地形やその他の理由でテキサス州やアリゾナ州への流入が圧倒的に多かった。

数十人の不法入国者が国境の川を渡り、堂々とテキサス州やアリゾナ州に入る光景や、野原の境界線をすたすたと歩いて越境する集団の光景がテレビネット動画、さらには一般人が撮影した写真で連日連夜、伝えられるようになった。とくにバイデン政権の入国者政策に反対する共和党寄りのFOXテレビは、大量な不法入国の現状やテキサス州の苦労などを詳しく報じていた。

不法入国者数が記録破りの数字に

これに対してバイデン政権は、「国境は安全であり、(合法の入国者以外に対しては)閉鎖されていて問題はない」(ハリス副大統領)との見解を示した。

対応としては、ハリス副大統領が一度現地を視察しただけで、バイデン大統領は国境州を訪れてはいない。民主党寄りの大手メディアもこの問題を大々的に扱うことが少なく、党派の対応の違いをあらわにしていた。

かしこの不法入国者の波が、歴史的にも記録破りとなったことは明白となってきた。バイデン政権は、正規の手続きを経ずにメキシコ領から米国に入った人の数を公式には発表していないが、入国管理当局が発表している数字を基にすると、バイデン政権登場以来の不法入国者総数は少なくとも350万人とみられている。

テキサス州選出の民主党ヘンリーキューラー下院議員は、「入国してきて当局の取り締まりをかわして逃走してしまう人間も多いから、これまでの不法入国者の総数は400万から440万人に達するだろう」と語っている。いずれにしても1年9カ月の間に300万~400万人の不法入国者というのは、前例のない記録破りの数字である。

国境周辺の知事たちが業を煮やして“直訴”

この問題は、不法入国者たちの間に新型コロナウイルス感染者が少なくないことや、フェンタニルという麻薬を大量に運ぶ未成年者が逮捕されたことで、米国側の国境州の懸念をさらに深刻にしている。

国境周辺の共和党系州知事たちは、今年春から民主党バイデン政権への抗議を兼ねて、不法入国者の一部を北部の「聖域都市」(Sanctuary City)に送りこんできた。

聖域都市というのは、地方自治体外国人の居住者保護のために身分の違法性などを追及しない都市である。1980年代から民主党リベラル派の主唱で始まり、とくにオバマ政権時代に数が増えた。

フロリダ州のデサンティス知事らは、聖域都市を宣言したニューヨーク市、シカゴ市に、それぞれ数千人単位の不法入国者を送っていた。デサンティス知事らは、そもそも聖域措置に反対しており、政治的挑戦を兼ねての行動だった。違法滞在の外国人を優遇するなら不法入国者の世話もしてほしい、という皮肉も込めた訴えだった。

だが、それでもバイデン政権は対応しようとしなかった。そこで、今回の副大統領公邸やマーサズ・ヴィニヤード島への“直訴”となったのである。副大統領公邸のある首都ワシントンもマーサズ・ヴィニヤード島も聖域都市とされている。

この対立の背後には、デサンティス、アボット両知事がともに共和党の大物政治家であり、とくにデサンティス氏は2024年大統領選への共和党候補の1人に目されているという状況が存在する。民主党側としてはそうした政治要素を意識するだけに、デサンティス知事らの訴えには素直に応じられないという態度がうかがわれる。

首都ワシントンには、すでにこれまで7000人の不法入国者がテキサス州などから送られてきて、ムリエル・バウザー市長は緊急事態令を出していた。ニューヨーク市やシカゴ市でも同様の混乱が起きている。

しかし今回のアボット知事らの直撃的な行動は、この問題への関心や懸念を米国民に広めるという点で効果をあげたようだ。たとえば副大統領公邸前ではベネズエラから来たという青年が、テレビ記者から「ハリス副大統領は、国境は安全に閉鎖されていると述べているが本当か」と問われ、「いや、国境はオープンです。だからこそ私がここにいるのです」と答える様子が放映された。米国の一般国民へのきわめてわかりやすい問題提起となったわけだ。

不法入国者問題の拡大を避けたい民主党

さて、11月の中間選挙が迫った今、この不法入国者の問題が拡大することは民主党としてはできるだけ避けたい事態である。なぜならバイデン大統領にとってこの問題は以前から弱点となっており、この時期にその弱点に新たな光が当たることは民主党にとって明らかに不利となるからだ。

これまでの各種世論調査で、バイデン大統領の支持率を各主要政策、たとえばコロナ対策、インフレ対策、外交政策などにわけてみると、入国問題対応の支持率が一貫して最低だった。他の主要政策では「バイデン大統領を支持する」という人が40~50%、ひいては60%台だったのに対して、入国(移民・難民)問題対応は常に30%台だったのだ。

バイデン大統領の入国者問題対応への不支持率が最近ますます高くなっていることも民主党側にとっては懸念材料だろう。ここ数カ月の間50%台だった不支持率が9月に入り60%を超える世論調査が多くなったのである。

政権運営のアキレス腱とも言えるこの不法入国者問題にバイデン大統領がどう対処するか、中間選挙への影響もからんで注目されるところである。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  韓国が一方的に公表した「日韓首脳会談」、日本に応じるメリットあるか

[関連記事]

北朝鮮が拿捕した米海軍の情報収集艦プエブロ号と消えた32万ドルの行方

虐めの仕返しに21人殺害、テキサス銃撃事件が示す米国の異常さ

米テキサス州から首都ワシントンに送られてきた移民たち(2022年9月15日、提供:Marat Sadana/REUTERS TV/ロイター/アフロ)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

ロシアとシナに全部プレゼント!

少し前にアメリカのインフレが進んでるのは移民の安い労働力がトランプのせいでいなくなったからとかバカげた妄想を言ってるやつがいたぞ。

ただの犯罪者である不法入国者を移民呼ばわりするな。移民として認められるのは正規の入国審査を受けた上で法律と文化を尊重できる人間のみを言うんだ

そのバスをそのまま国境まで走らせればいいんじゃね

移民を生み出してる国を良くするために支援をするっていう発想が生まれないのがもうね…

またトランプ前大統領の正しさが証明されたな…

小ぎれいなイデオロギーを並べ立ててその恥部と責任は他所へ丸投げ それどころか自分の評価を気にして事態が発覚することをひた隠し、そ知らぬふり リベラルだの、自称知識人だのイキってる連中が偽善者ってはっきりしたね

バイデンの家に送ってやれば良くね

トランプは米国の根本を危うくする不法移民を排除するため、人権主義者とリベラルとマスコミを敵に回した。バイデンは選挙に勝つ票を集めるため。人権主義者とリベラルとマスコミに迎合し、不法移民を黙認している。

アメリカがメキシコの麻薬カルテルぶっ潰せば、不法移民の増加も、少しはマシになるんじゃねーの?世界平和にもなるし一石二鳥じゃん。

カルテル潰しにアメリカは既に敗北してるよ。ナパームで麻薬の栽培、加工所を焼き払っても無駄なのよね

ワシントン州ではなく、ワシントンDCのことね。タイトルが紛らわしいぜ

>ナガオカさん 上でも言ってるけどメキシコを良くしようとして大失敗してるのよねアメリカ。アホみたいな予算と時間と人手をかけたのに。

自分が住んでる地域に不法入国者がどんどん増えてきたらと考えると普通に怖いですよね。手続きを踏んで合法的な移民として受け入れる数を増やすならわかりますが、国境スカスカで入りたい放題は問題あると思います。

不法入国者に寛容な大統領って、まじやばくね。やばくね?

不法入国者に甘い顔をするとこうなる、日本は米国の失敗に学ばねばなるまい。とりあえず入管の犯罪者どもを即強制送還できるようにしましょうね。

‥‥紛らわしい表現書いちゃったけど「入管が捕まえている犯罪者どもを」ってことね。

この小森某はトランプーチンのスポークスマンなので話半分に聴いておくように。

>じゅういちがつ ならもういっそのことメキシコを併合してしまえよ、あと沖縄も。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事