eスポーツ、認知度は高いが「普及してほしくない」も2割
Photo by Yan Krukov on Pexels.com
スポンサーリンク
【元記事をASCII.jpで読む】

認知度は7割超え

コンピュータゲームスポーツ競技としてとらえる「eスポーツ」。海外では賞金の高額化などで話題だが、国内のeスポーツについての認知度は上がっているだろうか。10~60代男女を対象としたロイヤリティマーケティングの「eスポーツに関する調査」(2022年9月)を見ていこう。

eスポーツの認知度は全体の71%に上り、「詳しく知っている」が9%、「聞いたことがある程度」は62%だった。性年代別でみると、どの性年代でも半数以上は認知している。

一方でeスポーツへの関心について見ると、「関心がある」は10%に留まった。性年代別でみると、男性の10代から30代が20%以上と多く、性年代で大きな差が出ている。ゲーム自体にも言えることだが、全体に男性、しかも若者層が関心を持つ傾向にあるのだ。

eスポーツへの接触状況については、「参加」が3%、「視聴・観戦」が14%であり、「あてはまるものはない(84%)」を除いた接触率は16%。性年代別でみると、eスポーツへの「関心がある」と同様に、男性の10代から30代の若者層の接触率は30%以上だった。

2割が「普及してほしくない」

eスポーツの普及に対する期待は、「普及してほしい」が17%、「普及してほしくない」が20%となった。ゲームeスポーツへの関与度別に普及期待をみると、ゲームプレイや実況視聴を経験している層は、していない層と比べて普及への期待が高かった。

ゲーム好きの子のなかには、「今はeスポーツがある。プロゲーマーになりたい」「ゲーム実況者になりたい」と話す子がいる。技を極めてプロになるのは素晴らしいことだが、保護者の多くはまだ懐疑的で、「プロになれる人は少ない」「ゲームだけで勉強しないのは困る」と口を揃えて言う。

事実、プロゲーマーの数はプレイヤーの数に比べて非常に少なく、保護者が心配する気持ちもわかる。それが「普及してほしくない」という意見につながっている可能性もある。

eスポーツプレイヤーになりたいからと、一日中ゲームばかりしている子もいるだろう。しかし、将来の選択肢を増やすために、学生の間はゲームだけでなく勉強などもするようアドバイスするとよいのではないだろうか。

eスポーツ、認知度は高いが「普及してほしくない」も2割

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

老人ホームに「ストリートファイターⅡ(初代)」とか「バーチャファイター(初代)」とか置く時代が来るからスポーツ化も必要...かも(基板が動くとかは別の話)

eスポーツっていう名称が間違ってるんだよ。闘牛士や剣闘士みたいなもんだろ。

スポーツとするためには自分じゃなくて見る人を楽しませなくちゃいけないんだけど、その辺の意識が全然足りてないように感じるからなあ。味方にしろ対戦相手にしろ、ゲーム内のキャラやシステムだろうと否定する発言が平気で出るようでは普及なんて無理だと思うわ。

↑ それな…。記事で「勉強もしろ」みたいな事は書いてあるけど人間としての教育も必要だと思う

ゲームが「ガチ勢」基準みたいになるのはちょっと……とは思う。(将棋を「遊び」でなく「プロ棋士レベル」で取り組むことを強いられたら困る感じ)

まぁ…eスポーツの定年は35歳と言われている世界ですから…察してやって。

ゲームのジャンルによるが、ゲームシステムの理解力、状況の判断力、状況に応じた行動選択など、上級プレイヤーには頭良くないとなれない。自分としては「運動」ではないので、「スポーツ」という名前に抵抗がある。

俺はプロゲーマーですら煽り合いや死体蹴りをしてる現状でゲームをスポーツとは言いたくない

まぁ、ゲームであれ野球・サッカー・その他であれプロになるのはそれ以外の全てを犠牲にする気でないと中々難しいから、まったく勉強せずゲームだけするのも良いと思うよ。…けど、当節の子供が言う「プロゲーマーになりたい」は、「勉強したくない・ゲームしたい」の隠れ蓑が大概だろう。RPGやAVGやってたらダメよ(笑)。  あと、賞金稼ぎになれるのは確かに門が狭すぎるよね。

個人的にはゲームですら対戦ばかりなのがなぁ。せっかくゲームやってるんだからゲームだからこそできること、メーカー主催の条件つけたRTAとかやりゃいいのにってずっと思ってる。

他のスポーツはよっぽど競技人口が少ないようなのでもない限り、大企業がチーム持っててプロではないけどそれで金を稼ぐことができる環境が整ってるけど、eスポーツはそういうの全然だからね。スポーツ推薦や部活のコネ入社もあるし「それしかしてこなかったけどプロになれなかった」人がその後に普通に生活できるかどうかの難易度がレベチなのよね

これの問題はハード側じゃなくソフト側にあるとおもうの。ほかのスポーツみたいに基本不変で目標を立てやすい物ではなく、ゲーム一つ一つを努力しないといけないゲームに流行り廃りがあるから今人気で競技人口が多くても1年後その人気があるか分からないしな、同じゲーム性でもうまくいかない人も居るだろうし

本気ならさ…。大きい大会2回優勝でリーマンの生涯賃金だし、契約も取れればリーマンより裕福な生活確定だから親としても普及(大会・創部増)してくれた方が良い面もあるかもよ?  じゃあ、英才教育として子の適正(STかACか)・スキル(戦略かフレ読みか)・得意作品を見極め、そのゲームばっかり特訓させ続ければ…、たぶんゲーム嫌いになって辞めるよね(笑)。 本気ならね。

こんな議論が上がるのも9秒の0.0何秒の競い合いに面白みを感じられなくなったんだろな。どう足掻いても100m8秒台なんてのは出てこない訳だし。その点、eスポーツには肉体と違う未知の可能性がある。そういうとこだろね。

プロゲーマー1人につき10000人くらいの成り損ないが生まれるから社会で扶養していくのが大変。

併用してる人多いけどプロゲーマーとゲーム実況者は分けて考えた方がいいと思うのよね。そして現状ゲーム実況者の方が稼げてるってのもを知っておいた方がいいと思う。

競技となる基準のゲームがまともにないのがね…

まあ普通のスポーツ選手は芽が出なくても体力ある奴多いからなんとか肉体労働で食っていけるイメージあるけど、ゲームしか出来ない陰の者は芽が出なかったらヒキニートになりそうで怖い。

地元のeスポーツ団体が恐喝紛いやSNSでの誹謗中傷してるって話があったから流行ってほしくない市の制作に関わってる連中でこれだからもうどうしようもないでしょ

eスポーツ言ってる割になんかしてるって全然聞かんけど、周知する気も無いみたいだし勝手に廃れていくんじゃないの

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事