仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層の実態を研究する「しゅふJOB総研」を運営するビースタイルホールディングス東京都新宿区)は、「男女の賃金格差」をテーマに、主婦層を中心とする就労志向の女性にアンケートを実施した。男女の賃金格差に納得する理由1位は「仕事への責任の重さで差がつく時」(61.2%)だった。

【画像】男女の賃金格差に納得できる理由1位は?

2022年7月8日に女性活躍推進法が改正され、常時雇用する労働者が301人以上の事業主に「男女の賃金の差異」の情報公表が義務づけられた。この10月からは7月決算の企業による情報公表が始まっている。

「しゅふJOB総研」の調査によると、同じ仕事をしているのに男女で賃金が異なることを不公平だと感じたことがある人は全体の62.0%。これを年代別に見ると、年代が下がるにつれて不公平感は薄れ、60代以上が72.4%に上るのに対し、30代以下では37.3%にとどまる。

男女の賃金格差に納得する理由(複数回答)の1位は「仕事への責任の重さで差がつく時」(61.2%)だった。以下「深夜など働く時間帯の違いで差がつく時」(52.7%)、「成果や生産性の高さで差がつく時」(52.2%)、「資格の有無で差がつく時」(51.0%)と続く。一方で「いかなる理由であれ、納得感はない」との回答も5.1%あった。

男女の賃金格差に不公平感を抱いている人のコメントを見ると、「まだ世の中に男尊女卑の考え方があることが信じられない」(40代)、「日本は働かないおじさん達に給料を払いすぎ」(40代)、「男性が経済的に家族全体を支えるという世の中ではなくなった。男女の違いではなく、仕事の中身で評価されるべき」(50代)、「女性というくくりで、役職につけないのは問題」(70代)など、昭和の価値観がいまだに受け継がれている実態を不満に思うコメントが目立った。

この結果について、しゅふJOB総研 研究顧問の川上敬太郎氏は「60代以上の女性の多くは、1986年に男女雇用機会均等法が施行される以前から働いていた人たち。職場で『女の子』と呼ばれ、『寿退社(結婚退職)』が日常用語として使われていた時代から働いてきた世代にとって、賃金面においても男女格差を実感する場面が多かったのかもしれない」と分析する。

一方で、年代が下がるとともに賃金格差を不公平だと感じる比率が下がっているということは、まだ不十分とはいえ徐々に男女格差をめぐる職場環境の改善が進んできているとも考えられる。

川上氏は「スキルアップや成果が賃金の上昇につながれば社員の励みになるが、逆に、差がつかなければやる気を削いでしまうことにもなりかねない。個々の働き手の賃金に対する納得感は、企業の人事戦略の成否を左右する重要な要素なのだと再認識する必要がある」とまとめている。

調査は7月12~19日にインターネットで実施した。対象は主婦のための仕事情報サイト「しゅふJOB」の登録者569人(女性)。

しゅふJOB総研は「男女の賃金格差」をテーマにアンケート調査を実施した

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

仕事の中身で評価ってネタで言ってるのか?お前よりよっぽど重い責任の中で仕事してるっつーのに。

そのうち「働かないおばさんたち」が叩かれるようになりますが...自分がそうならないという自信でもあるんですかね?

武力を背景に威圧が成功した時にしか給料は上がらないと女性はいつ気が付くのか

むしろ男性が女性の職場にどんどん進出してるのは何なんだ?近所のスーパーのレジ係がみんな若い男性でビビるんだが。

文字通り働かないおばさんが生活できるのはどうしてなんですかね

中抜きやってる連中に対してかと思ったら…がっかりだよ

働かないおじさんが存在するなんて信じられないなあ。うちの父親も夫も「仕事しているときがいちばん幸福だし、学生に戻りたいなんてまったく思わない」っていつも言ってるが。

本当に働かないおじさんに給料払いすぎているのか? 平から見たら平の仕事をしていない管理職が給料もらってるのはおかしいという勘違いの話なのか? そもそも働かないおじさんから給料取り上げる事には反対しないけどせっかく削った経費を働かないおばさんや若者に回す必要はないよね。

働かないおじさん達に給料を払いすぎとか仕事の中身で評価されるべきとかのあたり、まさかアホな小学生の「社長は働かなくても座ってるだけで大金持ち」的な勘違いしてない?多分あんたらよりよっぽど責任ある大事な仕事してるぞ

この手の意見は「自分が見て仕事をしていないと思ったら、仕事はしていない」だからなぁ。上位職になればなる程、下位職には理解できない責任を伴う仕事が発生するのだがな

Twitterでも、40代は苦しいが、中間管理職超えて取締役になると、マジで昼食会くらいしかすることないって言ってる50代は多いよ。定年近くなったらそんな感じなんだろう。半沢直樹で円卓囲んでるゼーレみたいな面々。

若い頃に活躍していて今は一線を退いて補佐とかに徹してる人も働かない認定されてそう。

白鳥にしても政治家にしても昨今では配信者等にしてもみんな一緒でキツい所は陰で見えづらいだけで基本的にはその地位なりのキツい業務や苦労をしてる。もちろんサボってる奴がいないとは言わないけどね

エリートの晩年は大体そんなもんだって。うちの親は通信だけど、社長と囲碁をしにいくだけで年収3000万円↑。逆にいちばん大変なのに給料が少ないのは店舗でスマホ売ってるお姉さんたちだってよく言ってる。

働かないおじさんは、自分から見れば仕事をしているように見えない(実際には仕事をしているケース)もある他、終身雇用&年功賃金の恩恵という場合もあるな(若い頃は労働量に見合わない低い給料に抑えられるが、中年頃から逆転現象が起きてバックが貰える為) まぁ、男女の賃金格差は若い世代では無い=上の世代が淘汰されれば自動的に解決するので、騒がず待てばいい。

「働かないおじさんたちに給料を払いすぎ」←分かる。男女の賃金格差に納得の理由←???。働かないおじさんに給料を払いすぎてると感じてる話が何故男女格差の話になるのか

無かった所から、金をとれるシステムを構築する苦労 と 意地でも維持しか見ないモノの差は

女性枠ってだけで入れる働かないオバサンは良いの?てか見ただけで働いてないってわかるの?平日に休んでるの見つけたら働いてないってこと?

男性蔑視の不平不満は子宮の面倒で騒ぎ立てるのを止めてから言え。

正しくは「働かない自称弱者に税金払い過ぎ」だろ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事