(杉山大志:キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

JBpressですべての写真や図表を見る

漂うマルクス主義と平和主義の匂い

青森県三内丸山遺跡に行ってきた。縄文時代の出土品がきれいに整理されていて楽しむことができた。

その一方で、長年、腑に落ちないことがある。「縄文時代には豊かな自然の恵みの下、人々は平和に暮らしました」という説明だ(例えば、NHK国際縄文学協会などの記事)。縄文時代ユートピアだったというわけで、この説は日本で広く共有されており、信じている人が多いと思う。

だが常識的に考えて、豊かな暮らしなら、人口はどんどん増える。食料が足りなくなれば、どこかに縄張りを拡張してゆくしかない。他人の場所に入り込めば戦いになる。いわゆる「マルサスの罠」というものだ。

さて日本の考古学界では、縄文時代までは戦争はなく、弥生時代になって戦争が始まった、とされてきた。考古学者の故・佐原真氏らが唱えたものだ。曰く、縄文時代までは狩猟採集をして獲物を分け合う平等な社会で、弥生時代になると米作などの農業が始まり、富の蓄積、搾取による貧富の格差、そして戦争が始まった、ということだ。

この話を聞くとすぐに疑念が湧くのは、これがマルクス主義と平和主義の匂いを漂わせるからだ。

北海道で見つかった縄文後期の戦争の跡

マルクスの理論では資本主義が発達すると社会の格差が生まれ、資本家はさらなる富を求めて帝国主義的な戦争を仕掛ける。縄文時代は平和だったという言説は、日本人は元来平和を好む民族であり、かつ戦争のない世界は実現可能だというニュアンスを含む。

三内丸山遺跡に限らず、日本中に縄文遺跡は多々あるけれども、どこも縄文時代ユートピアとして描くのが通例のようだ。まあ遺跡は大事な観光資源なので、戦争などという生臭いことは抜きにしておきたい気持ちも分かる。けれども考古学は科学的に進めるべきだし、やはり事実は何だったのかを知りたい。

縄文時代に戦争がなかったという言説の最大の拠り所は、出土する人骨に戦死の形跡が乏しいことだとされる。けれども、平和だったはずという先入観を抜きにして、武器の変遷なども考慮して、より詳しく調査し直すべきだという意見がある。そうした見方を示す論文(「受傷人骨からみた縄文の争い」内野那奈・伊丹市教育委員会嘱託=執筆時点)もある。

また最近になって北海道の有珠モシリ遺跡で縄文時代後期における戦争の跡が見つかった(共同通信頭に傷痕、複数の縄文人骨発見 集団間で争いか、北海道」)。多数の戦死者が出土したことに、個人の考古学愛好家も関心を示している。

世界的に見れば、狩猟採集民もたくさんの戦争をしてきた。実は過去になればなるほど死亡率に占める戦士の割合が高い、というのが常識になっている。これは多くの学者が書いているが、日本でも読めるものとして、米ハーバード大学スティーブン・ピンカー教授の著書『暴力の人類史』がある。

「忌まわしい文明が発達する前の高貴なる原始人の世界は平和だったはず」という思い込みはかつて海外の考古学界でも共有されていた。だが、よく調べ直してみると、実は時代を遡るほど戦争は多かった、ということだ。

縄文時代の平均寿命は10代前半

もしも日本だけが世界の趨勢とは違って、縄文時代が本当に平和だったとしたら、違いは何か。岡山大学の松本直子教授が2018年論文で書いているように、人々の紛争を解決する文化があり、戦いでなく儀式や話し合いをしたのかもしれない、という意見がある。また、戦争するよりも交易するほうが豊かになる、との意見もある。

たしかに戦争でなく文化や交易に頼ったほうが豊かになるのは間違いないし、そのような部族は昨今、多くいる。しかし、これらの意見は根本的問題を解決していない。豊かになり、人口が爆発したらどうやって調整するのか?

結局のところ、縄文時代に戦争が本当になかったとすれば、それは、何か他の死因があまりにも大きくて、人口が増えなかったということしか考えられない。病気などで早々に人々が死亡したのだろう。

実際、縄文時代の平均寿命は10代前半だったとされる(下記グラフ)。

女性は子供を産める年齢になると、妊娠と出産を何回か繰り返し、子供をもうけるが、その多くは幼児のうちに亡くなり、10歳を超えるのは4割程度。出産自体も危険を伴った。

温暖だったため北海道や青森でも文化が発展

やがてその女性自身も間もなく亡くなる。30歳を迎えるのは2割程度。平均として1人あたり2人の子供を成人させて人口を維持するのは際どいことになりそうだ。これが縄文時代の常態で、現代の基準からすると、かなり過酷な生活だったということだ。

すると冒頭のユートピア説はどう修正されるか。

縄文時代には豊かな自然の恵みの下、人々は平和に暮らしました」というのは嘘で、「縄文時代は、あまりにも貧しくて人口は増えず、人々は戦争を起こす余力もありませんでした」ということではなかろうか。

もっとも、これだと縄文時代ディストピア説になってしまうので、観光資源にはふさわしくないという欠点があるが・・・

ひとつ救いがあるとすれば、縄文時代北海道青森県は今よりも2~3℃気温が高かったということか。

なぜ寒い北海道や青森で縄文文化が発展したかといえば、この気候の要因は大事だったと思われる。ちなみに当時は日本海の対岸のロシア沿海州もやはり気温が高く、文化が発達していた。

これからもしも地球が温暖化すると、北海道青森県の暮らしや自然はどうなるか。縄文時代はその先取りになっている。よく調べると、これからの展望が明るくなりそうだ。

[参考リンク]
YouTubeページ「杉山大志_キヤノングローバル戦略研究所」
https://www.youtube.com/channel/UCQTBDqu6j3u4GrPPl2HrS3A

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「都道府県魅力度ランキング」で最下位になった佐賀県の「本当の魅力」

[関連記事]

高効率な東新潟火力発電所の「実力」と日本の基幹電源を考える

核融合も中国が先行、いますぐ決断すれば日本の巻き返しは十分可能だ

三内丸山遺跡(写真)を含む北海道、青森県、岩手県、秋田県の17遺跡で構成する「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録され、歴史的価値が高い(写真:アフロ)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

まあ、一箇所に『大勢が集まる』環境が、牧歌的で平和だったなんて妄想に浸れるのは、「古代ユートピア幻想」信じる狂人だけだろうけどなw 三内丸山遺跡のアイコンである『櫓』を見れば、建築難易度が高かそうなものを設けなくてはいけないくらい「脅威」を逸早く知る必要が在ったんだろうな、って想像出来るもんだろうけど…

平和が実現した時代なんて存在しないだろ、安全な地域は常にどこかしらにあるだろうけど。

当時に生きてたわけでもないのに現代の感覚でユートピアだディストピアだ言うのが滑稽だと思わないのかね?

シンプルに戦争を仕掛けるための備蓄が発展してない上に奪う備蓄も特にねえから縄張り争い以上は損で避けてたんだろう

戦争がないってだけでユートピアとかギャグで言ってるの?あの時代は常に食糧難に悩まされるようなもんだし、医療なんてないようなものだからケガしたり病気になったら終わりだぞ

少なくとも、9条バリアなんて今みたいに形式的にすら口に出来ないくらいには自己の安保が直接的だった時代だが。野生動物に食い殺されようが隣村に略奪食らおうが農作物を大国に9割納税しようが自然が豊かならユートピアっていうのであればそうなんじゃない。

え~と・・寿命が10代前半ってことは、大多数の戦闘員は10歳未満の子供たちだったってこと?街中の喧嘩で縄張り争いをするレベルが縄文時代の戦争ってことなの?

そもそも狩り=戦争だし、衛生面や環境面も今と違いすぎるんだからそれを「貧しかった」と評するのはどうなの?まぁ戦争もなくってのは明らかに誇張だけど。

縄文時代でも弥生時代でも、平和ではないと思う。小学生の頃、授業中、運動場のど真ん中で野良犬が交尾を始めて、教頭が、三国志の関羽のように仁王立ちになって、ほうきを装備して、交尾している犬達を追いかけていた。アレと同レベルの生活スタイルじゃないの?交尾をしている犬に嫉妬して、追いかけ回す教頭ぐらいの世界観じゃないの?

原始的な生活を説明されると、何故か?小学生の頃のその場面を思い出してしまうんだよな。

天候に左右(自然災害とか)されて食い物や水が無くなれば戦なんか普通に起きるだろ...

同族と闘って奪う知能が無かったかもしれんな。原始時代なんてそんなもんやろ。猿の延長みたいな奴。採集生活なんてそんな続けられるわけがないから簡単な農耕やってた説は信じる。

パヨクもフェミ産廃もいなくてスッキリはするがな

価値観どころか生死感すら違うだろうに、今の我々には想像するしか出来んな

ユートピアとディストピアの正しい用法くらい調べてこい定期

豊かではないだろ。どんぐり食ってるし。

日々を生きるのに精一杯だったのでは?

農業革命で定住生活になると人々は争い格差社会が始まるのは世界共通まぁ現在の日本人で縄文人を祖先に持つのは10人に一人もいないがな

現代と比べたらそれぞれ思い思いの生活をしてて、お互いに手を取り合って明日生きられるかどうかもわからん状態でも毎日しっかり農作業したり狩りをしたり、法や規則に縛られずにやってたって見ると楽園かもな。ただ現代人はまず間違いなくそれを拒むので、わしらにゃわからん話よ。

運動が苦手でコミュ障の俺には地獄だったろうと思うよ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事