スポンサーリンク
乳幼児の子供を水に慣れさせたり、運動させたりする目的で使われるベビー用の首浮き輪浮き輪

そんな浮き輪の使い方について警鐘を鳴らすのは、子供の事故防止に関する情報を発信している、消費者庁Twitterアカウントです。

アカウントによると、入浴時に乳幼児を浮き輪で浮かせて、自分の洗髪や違う子供の世話をする誤った使い方が散見されているのだとか。

ツイートに添付されたイラストのように、水に入っている以上、子供は溺れる危険と隣合わせです。

特に小さい子供は、音や声を出さず静かに溺れる可能性があり、発見が遅れる場合があると、同アカウントの運営者はつづっています。

過去には死亡事故も起きているようで、「子供の入浴は、保護者の手の届く範囲で目を離さずに行ってください」と呼びかけていました。

消費者庁の注意喚起に、子供を育てる多くの親が反応。さまざまなコメントが寄せられています。

・首浮き輪は泳ぐ練習の補助道具で、目を離さないことが必須だったはず。絶対に入浴時には使わない!

・「入浴中に自分の身体を洗う間、赤ちゃんから目を離せる便利グッズがあるよ」と教えてもらうことが多々ありました。命に関わることなので、こうした注意喚起は助かります。

・子供を浮かせて目を離すのは危険すぎる…。周りにも広めたいと思います。

ネットで調べなくとも、SNSであらゆる情報を目にする機会が多い昨今。

一見便利な情報に思えても、誤った知識が拡散されている場合は少なからずあります。

大切な我が子の命を守るためにも、正しい知識を持って子育てに向き合いたいですね。


[文・構成/grape編集部]
出典
@caa_kodomo
※写真はイメージ

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

中華品で死んでも誰も責任取らないから輸入禁止で

なんで一緒に入ってるのが女性じゃないんだ!ってフェミとかその辺の人は騒がなくてええんか?

浮き輪で浮かせて放置するって発想が異様だよねえ。そういう行動をする人間は、そもそもやらかす可能性が高そう。

注意喚起されるまで危険だと思わない人間の多さにゾッとするのだ

こんなことも注意されなきゃ分からない時代…

首浮き輪を水中拘束具として使う発想が凄ぃ;

とりあえず道具を正しく使えないアホ親による幼児の死亡リスクを低減させるために注意喚起した消費者庁はGJ。目を離さないことが前提の道具であって湯船に放置できる便利グッズじゃないのに、それを誤用しておいて危険とかもう使わないとか言われてもねえ。

いちいち注意喚起しないといけないのか…そんな奴の子なんてロクな奴にならないだろうし早いうちに学習させた方がいい学習することになるのは勿論親だ。

「乳幼児の放置・拘束具」って発想は今までの人生で全く思い付かなかった。そういう思考が思い浮かぶってヤバくね?

足のつかないところに泳げない赤ん坊を浮かべて放置する方法?メーカーでもない素人がSNSで紹介してた?知り合いからアイデアを教えてもらった?何を信頼してそれを信じたの?バカなの?自分を天才発明家と勘違いして、説明書も読まずに本来の用途と違う使い方をする頭の悪い人が多くて辛い。数年前のおが屑ジャングルジム火災事件と同レベル。

一時的に浮いたとしてずっと浮いたままって保証ないのによくそんな真似できるなそういうやつはどのみち別の方法で赤ちゃん危険にさらすだろうよ

ペット相手にすらやらないような事を人間の赤ちゃんにやるとは…(恐怖)。「自分と赤ちゃんしかいないから、自分がお風呂に入る時に赤ちゃんも浴室に連れて行く」のはまあ仕方が無いとして、その時の赤ちゃんの待機場所を「(自分がつかれる量の)湯を張った浴槽の中」にするのは「赤ちゃんへの(無意識の)殺意」を疑うレベルやぞ…。

浮き輪がどういうものなのか自分で使っていればわかると思うんだけど、最近の子は浮き輪使ったことないの?

浅い桶に入れていても、溺れたり窒息するのに不測の事態になってからだと本当に危うい。赤ちゃんや子供と一緒のお風呂の面倒くささはわかるけど、ちょっと考えた方が良いと思う。

使ってもいいけど子供から目を離すな。

忙しい忙しい言って子供の世話を疎かにして、どうせスマホでゲームだのSNSしてるんだろ。その時間を減らして桶にお湯を汲んで子供を風呂に入れてやれよ。ゲームのキャラだの、いいね!を育ててねえで子供を大事に育てろよ。

赤ちゃんを、モノとして考える人がいるからなぁ

一緒に入ってる大人のイラストが短髪だから男性だなんて決めつけは女性差別だ女は髪型を選ぶ権利すらない産まれながらの被害者だ

水の恐ろしさを知っていれば、こんな物絶対に使いたいとは思わないけどね。

先ず前提として乳幼児から目を離すなよ、と。

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事