スポンサーリンク
人工甘味料は身体に悪影響?抜け毛に繋がる可能性も!

人工甘味料は身体に悪影響?抜け毛に繋がる可能性も!

人工甘味料とは

料理に甘味を出す時に一般的に使うのは砂糖ですが、他にも人工甘味料という添加物を使って甘みを出す場合もあります。

砂糖は、サトウキビという天然素材から作るものなのに対し、人工甘味料は文字通りで人工的に、科学的な方法で生成された食品添加物です。

もちろん、食品衛生法の範囲内である為、身体への害はありません。

人工甘味料と砂糖の違い

砂糖はカロリーが高いのに対し、人工甘味料カロリーはゼロの場合が多いです。
(人工甘味料の種類は複数あります)

その為、カロリーオフのジュースなどによく使われます。

カロリーオフなのになぜ甘いのか」と思ったことはありませんか。それは砂糖ではなく、人工甘味料で甘みを出しているからです。

味覚障害の原因となる事が懸念される「アスパルテーム」

人工甘味料は人体に無害と解説しましたが、人工甘味料を生成する成分は1種類ではありません。

人工甘味料の原料の1つに「アスパルテーム」という成分があり、これは人体に害があるという意見の専門家が少なくありません。

アスパルテームは、カロリーがゼロと言う事から、カロリーオフのジュースゼリーによく使われます。

このアルパルテームは、過剰に摂取すると将来的に味覚障害を引き起こす懸念が指摘されており、更に最新の研究では、髪にも悪影響があるということが新たに分かったようです。

アスパルテームは抜け毛の原因にも?

以前から、味覚を鈍らせるという指摘のあったアルパルテームですが、近年の研究から抜け毛の原因にもなるという説が、浮上しているようです。

その理由は、アスパルテームが「弱酸性」である為です。

アルパルテームを過剰に摂取し続けると、身体が弱酸性の状態になります。

身体は本来、弱アルカリ性を保つことがベストとされています。

その為、身体が弱酸性の状態になると、その影響で抜け毛が増えてしまう可能性があるのです。

人工甘味料はまだまだ分からないことが多い分野

人工甘味料はその歴史がまだ浅い為に、人体にどのような影響があるのか、研究段階の状態です。

実験の検証もマウス実験によるものの為、人体にどのような影響を及ぼすかは未だに不透明で、これから徐々に判明してくると思われます。

カロリーオフのジュースなどは、ほぼ例外なく人工甘味料が添加されています。

人工甘味料が人体にどのような影響を及ぼすのか、もう少しハッキリするまで過剰摂取は避けるのが無難でしょう。

人参ジュースで薄毛予防が出来るの?

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

まだ、説の段階だからな。変に嫌悪感を煽って愚民を誘導するには早い。サッカリンの時みたいな悲劇を繰り返してはならない。

脳が糖を接種したと誤認して蓄えようとするから太りやすくなるという話はどっかで見た

ハゲる時はハゲる!以上!解散!

アスパルテームなのか、アルパルテームなのかもう一度読むなり添削をちゃんとしないと信憑性も下がるしそれまでの知識しかないと思われるからちゃんとした方が良いよ

ハゲない奴はなにやってもハゲない、ハゲる奴は何やってもハゲるよ

アルカリ性の食べ物と言えば薩摩芋、生姜、里芋、蓮根、蕎麦、大豆、エンドウ豆、葱、玉葱、牛蒡、人参、ほうれん草、アスパラガス、若布若布と葱の味噌汁でも変わりに飲め

>もう少しハッキリするまで過剰摂取は避けるのが無難でしょう。そりゃあ、何でも過剰摂取はダメでしょうよ。安全だからと言ってもね?

ご存じですか?砂糖を過剰摂取すると糖尿病になるのです

>アルパルテームを過剰に摂取し続けると、身体が弱酸性の状態になりますどれだけジュース飲むつもりだよ。恒常性って言葉知ってるか?

根拠が「弱酸性だから」だけとかすごいな。他に酸性の食べ物がないとでも思ってるのか? なんとかしてケチをつけたいだけにしか見えない

コーラを飲む人はハゲデブが多いくらいの信憑性だな

同じ量の砂糖を摂取し続けたほうが明らかに害があるんだよなあ過剰摂取が前提じゃ何だって毒になるわ

緩衝液のPHを傾けるってどれだけ摂取することを想定してるんですかね…アシドース起こす前に水中毒になりそうなんですが

ハゲは基本的に遺伝だからなあ。

根本的に、これらの話を追求しちゃうと、何も飲み食い出来なくなるという、現代社会の悩みどころよ・・・(汗

また髪の話してる。

水素水みたいなこと言いだしたな。元が弱酸性だろうと消化器官を通った時点でドンだけ意味あるのかと

酸性が毛髪に悪いというなら、毎日酢とオレンジジュースを摂取している自分は、とうにハゲているはずですなあ。だが、残念ながらフサフサなんだよなあ。

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事