スポンサーリンク
カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

フランスの湖で釣り上げられたのは、体重30kgにもなる巨大な赤色の魚。金魚のようにも見えるが、カワゴイ (Leather Carp)と呼ばれる人工飼育によるドイツゴイの一種と、ニシキゴイkoi carp)の交配種で、その色から西洋では「キャロット」と呼ばれている品種だそうだ。

20歳のメスだそうで、釣り上げるのに25分かかったという。

【画像】 世界最大級の鯉の交配種が釣り上げられる

フランスシャンパーニュにあるブルーウォーター レイクスで、世界最大級のキャロット(革鯉とニシキゴイの交配種)を釣り上げたのは、イギリス人のアンディ・ハケットさん(42 歳)。

この湖は釣り人用に鯉が投入されている。このキャロットは15年前にこの湖に投入されたもので、年齢は20歳でメスだそうだ。

その重さは30kg。すごく、大きいです。

1

この池で釣った鯉はキャッチアンドリリースされる。このキャロットは、過去に何度か釣り上げられているという。

ブルーウォーターレイクスのスポークスマンであるジェイソン・カウラー氏によると、昨シーズンキャロットは「約9回」捕まり、今年2月22日の時点で体重が28kgになっていたそうだ。

・合わせて読みたい→アメリカの湖で巨大化した金魚が猛繁殖、生態系への影響を懸念(米カリフォルニア州)

この湖には他にも、うろこがほとんどないドイツ鯉の鏡鯉や革鯉などがいるが、地味な茶色をしているため、キャロットは釣り人に大人気なのだという。

ハケットさんは記念写真を撮った後、丁寧にまた湖へと帰した。キャロットは元気にまた水の中を泳いでいった。

次にこのキャロットを釣るのは誰か?その時は何キロになっていることだろう?

ちなみに、ブルーウォーターレイクスの鯉はとても大きく、22kg越えはざらにいて、キャロットを越える大きさの鯉もいるという。それゆえに釣り人に人気なのだそうだ。

References:Massive carp named Carrot strikes again at French lake / written by parumo

画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

どでかっ!フランスで30キロの鯉の交配種が釣り上げられる

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

トサキントかと思ったらコイキングだった

何度も釣られるて事は警戒心薄いのか

これが渋谷に来ると人を喰い始めるのか・・・w

コイキングかと思ったがコイキングは高さ:0.9m重さ:10.0kg コイキングよりでかいし重いぞこいつ!

侵略的外来種では

鯉って色が派手で許されてるけど生命力強くて何でも食うから、環境によろしくない事も多いのよね・・・

米国でも鯉は巨大化しているそうだ。

形状だけ見ると金魚だな

キャッチアンドリリースって紳士の行いみたいに言われてるけどさ、小さくて食べられないしただ頃すよりはリリース…って事ならともかく、最初から食う目的ですらないくせに針付きの餌を投げて魚の口周りに思いっきり穴あけた上で魚に死の恐怖を長時間味わわせておいて紳士ヅラしてんじゃねーよ!っていつも思う。

繁殖出来るか否かもあるがこんなん住んでたら在来種絶滅の可能性が濃いすか?(鯉だけに

そもそもシルエットが鯉のソレには見えぬのだが…

海腹川背で見た。

継続して交配させて新種登録して学名コイキングにしようぜ。

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事