11月27日新宿駅西口の地下広場。私はわが目を疑った。100人ほど(主催者発表数百人)の在日中国人の若者たちが、集まって中国政府に抗議しているのだ。マスクや帽子、メガネなどで顔を隠している人が多いものの、見たところ一般人っぽい雰囲気である。日本語が上手な人も多く、留学生の比率が高いのだろう。

たくさんの人たちが、手に白い紙やプラカードを持っている。プラカードの文言はかなり手厳しい。「ゼロコロナ政策反対」「自由を、さもなくば死を」「習近平くたばれ」「中国共産党の思考様式は人類文明の最大の脅威だ」「人類は共産党を歓迎しない」……。多くは油性ペンでの手書きで、印刷されたものもせいぜいワードソフトで作っただけという手作り感が満載である。

参加者がかわりばんこに演説に立つ。即興で喋っているらしく、上手い人と下手な人の差が激しいが、聴衆はしっかり聞いているようだ。やがて、ノリのよさそうな青年を中心に、口々にこんなスローガンを叫びだした──。

共産党下台!(中国共産党は政権を手放せ!)」

習近平下台!(習近平は辞めちまえ!)」

私は来年、中国に触れるようになって23年目、中国ライターとして仕事をして13年目である。しかし、まさか中国共産党や国家主席の下野を、中国人の若者が集団で叫ぶ現場に居合わせる日が来るとは思わなかった。しかも、ここは北京でも上海でもなく、日本の東京なのである。

ゼロコロナ政策、成功から失敗へ

現在の異常事態に至った経緯を簡単に説明しておこう。中国が厳格なゼロコロナ政策(動態清零)を徹底し続けていることは、日本でもよく知られている。

これは非合理的かつ長期間のロックダウンを伴うものだが、コロナの脅威が深刻だった昨年までは、多くの国民から一定の理解や支持を得ていた(むしろ2021年夏ごろには、中国だけがコロナ封じ込めに成功してアフターコロナ時代に入っていると、当局が世界に対して大威張りをしていたくらいである)。

しかし今年に入り、各国が脱コロナに舵を切るなかで、厳しすぎるゼロコロナ政策と実際のコロナオミクロン株)のリスクとの乖離が目立ちはじめた。ロックダウン下で子どもや高齢者が死亡したり、絶望した住民が自殺する事例も増えたほか、経済への影響も深刻になった。だが、ゼロコロナ政策は習近平の肝煎りであり、習に権力が極度に集中する現体制のもとでは、政策の方針転換は望み薄だ。

理不尽な火災による死亡

国民の不満が静かに高まるなか、10月中国共産党第20回党大会で、習近平政権の第3期目突入と、習派で一色の常務委員人事が発表される。大会の直前、北京市内の四通橋である男性がゼロコロナ政策と習近平の独裁に反対する横断幕を掲げると、このスローガンは中国国内外で一定の広がりを見せ、日本でも大学のキャンパス内などで中国人留学生による反習近平ポスターが登場することになった(当時の記事参照)。

そして11月24日新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで火災が起き、すくなくとも10人が死亡する。現地は100日以上にわたってロックダウン下にあり、ゆえに消火活動が充分におこなわれなかったとみられた。現場ではゼロコロナ政策のもと、マンションの扉が外から施錠されていたとする報道もあり、炎に巻かれた建物内で、「助けて! お願いだから開けて!」と叫ぶ女性の音声が入った動画も流出した。

結果、25日からはゼロコロナ政策への反対やウルムチ火災の犠牲者の追悼を理由に、中国各地で住民が街頭に出て抗議したり、大学内で学生が抗議集会を開く現象が発生する。

なかでも26日夜に上海市内で発生した街頭抗議では「共産党下台!(中国共産党は政権を手放せ!)」「習近平下台!(習近平は辞めちまえ!)」というスローガンを群衆が叫ぶという、数ヶ月前までは絶対にあり得なかった事態が発生した。また、習近平の母校である清華大学でも、1000人以上の規模の抗議集会が起きた──。

イベントの4時間前に代表者が決定

さて、話を新宿西口に戻す。今回、私がウルムチ火災犠牲者の追悼集会の実施を知ったのは、当日27日の午後になってからだった。イベントの開始時刻は19時だったが、その前に用事があり、私が現場に到着したのは20時過ぎ。そこで冒頭の光景を目にしたのである。どうやら最初は静かに追悼する目的だったようだが、盛り上がってしまい即席の演説会とシュプレヒコールが始まったようだ。

集会は予定通り21時に終わった。現場を掃除していた中心人物らしき1人・A氏に話を聞く。彼は20代なかばの男性社会人で、この日の集会の代表者であった。以下、インタビュー形式で書いていこう。

──どういう団体が中心になってやっているんですか?

A:特に団体はなくて、昨日(26日)の夜にできたらしいTelegramのグループです。僕が加入した時点ではメンバー数が30人くらいで(注.28日0時時点で約700人)。僕自身、今日のイベントの代表になったのは開始の4時間前なんですよ。グループ内で、この日に追悼集会をやることだけは決まったんですが、あとはなかなか話が進まなかったので「あーもういい、俺が代表やるわ」と言って、それで決まりました。

──新宿駅西口の地下広場を選んだ理由は?

A:集会をしようと決まったのがこの日の12時で、それから東京都新宿区に電話したんですが日曜日なので役所が休みで、公園を押さえるのは無理だった。で、路上ではできるのかと警察に聞いたら、それも数日前に許可を出さないとダメだと。困っていたところ、Telegramグループの1人が、新宿西口でよく日本人の集会をやっていると言うんです。それに、調べてみると歴史的にも学生運動に使われてきた場所らしい。

母語では政府批判ができない孤独

──それで、集会ができたと?

A:はい。それで地下広場の最寄りの交番に相談に行ったんです。すると、お巡りさんから「すごく大人数になったり交通の妨げになったりしないなら大丈夫だよ」と言ってもらえて。当日の15時に場所が決まりました。日本のお巡りさんはとても親切で、ありがたかったです。

──集会はどのように準備を?

A:場所が決まってから、Telegramグループメンバーで分担作業で係を決めました。通行人の妨げにならないように整理する係とか、買い出し係とか、チラシを印刷する係とかです。

──そもそも、なぜ集会をやることになったんですか?

A:中国国内や世界のあちこちで、この日にウルムチ火災の追悼集会をやるという話が、いきなりネットで盛り上がって。欧米のほうが先に話が進んでいるみたいだったのですが、日本で僕たちもやってみようと思いました。

──終わってみての感想をお願いします。

A:いま、国外にいる中国人はみんな、誰が敵で誰が味方かわからない状況です。自分の国の政府に対して疑問を抱いたときに、英語や日本語を使って外国人(=日本人など)に対してなら、その気持ちを喋れる。でも、母語である中国語を使っては口にできない。そんな悲しみを感じている世界中の孤独な同胞に『1人じゃないぞ』『お前の味方はたくさんいるぞ』と言ってあげたい思いです。

香港デモの手法を援用した?

ちなみに、私の手元の情報によると、11月末に新宿の別の場所、また12月上旬に池袋と大阪の日本橋で類似の集会がおこなわれるらしいが、それぞれ提唱したTelegramグループが異なるらしい。A氏は「自分は他のグループのことはよくわからない」という。

そこで、別の集会の提唱グループに近い人物に連絡を取って事情を聞いてみたところ、彼らは逆にこの新宿西口の集会については、やはり「細かいことはわからない」。こちらの人物はこう説明する。

2019年香港デモが用いていた『Be water(水になれ)』作戦の影響があると思います。明確な中心がなく、組織も作っていない。みんなが匿名でTelegramでつながっているだけでも、集会やデモはできるとわかったんです」

事実、この日の新宿駅西口地下広場の集会でも、即興の演説をおこなっていた参加者のなかに「Be water」に言及する人がいたようだ。

前月に日本各地の大学で、デザインの統一性がまったくない反習近平ポスターバラバラと貼られた事件についても、全体的な指導部が存在しなかった点では、似たような手法が採られたといえるかもしれない。

「もちろん、すごく怖いです」

「代表」のA氏以外にも、集会後に7~8人の参加者に話を聞いた。そのなかから、30代前半の社会人のB氏(女性)と、20代なかばの留学生C氏(男性)のコメントを紹介しておこう。

──参加した理由は?

B:ウルムチの火災のことに腹が立ったし、痛みを感じました。自分はなにができるかはわからないですが、こんなにひどいことにはとにかく声を上げるべきだと思いました。

C:中国国内の同胞があんなに大変なことになっているのに、自分は安全な日本でのうのうと過ごしていていいのか。いま動かないと、きっとこれからずっと後悔すると考えたんです。

──Bさんは髪も目元も隠さずマスクだけで参加していますが、リスクを感じませんか?

B:感じますよ。もちろん、すごく怖いです。でも、中国国内にいる人たちはもっと怖い環境なのに、マスクだけの姿で街に出て抗議している。彼らに勇気をもらいました。海外にいるのに、国内にいる人たちよりも怯えてはいられないと思います。

嵐の前の静けさの先に何があるか

この27日夜、中国国内では少なくとも10大都市で大規模な抗議運動が起こった。ネット上に流れた情報によると、北京では約1ヶ月半前に反習近平の横断幕が出された四通橋付近にも群衆が集結。横断幕のスローガンを叫ぶ現象がみられたという。

中国国内の警察はこれらに対処はしているものの、現時点では穏健な対処をおこなうケースもある模様だ(もっとも、大きな騒ぎが起きたときはギリギリまで相手を泳がせ、当局側の態勢が万全に整ってから一気に叩き潰すのが中国の治安維持機関のパターンなので、目下の「静観」は嵐の前の静けさである可能性が高い)。

また、中国共産党の支配体制は、われわれが思うよりもはるかに強靭だ。すくなくとも現時点では、この大量の抗議運動が習近平の辞任や体制の転換にまでつながっていく可能性は低い。はしゃいで騒ぎすぎたり、この動きに過大に期待したりせず、一定の冷静さを持って事態の推移を見守ったほうがいい。

とはいえ、中国人がこれだけの規模で動いて自国の体制改革を訴える現象は、1989年天安門事件のあとは絶えてなかったことだ。今後の中国が、先行きが非常に不透明な時代を迎えることは確実だろう。盤石かと思われた習近平政権第3期の雲行きは、かなり怪しくなってきた。

(安田 峰俊)

「白い紙」は、今年に入ってからゼロコロナ政策や習近平政権の3期目突入に反対して街に出た中国人がしばしば掲げるようになったアイテムだ(抗議のスローガンが書かれていれば逮捕後に大変なことになるが、ただの紙だけなら処罰されにくいからである)。2022年11月27日、筆者撮影。

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

100人って数ごまかさないのは偉いなw国に戻ってやって欲しい逮捕されて存在しない人として扱われるだろうけどw

辞任を要求するために抗議活動したって解決しないし、そんなに武漢型チャイナウィルスの黒幕の習菌平や共産党が憎くて仕方ないなら、堂々と中国共産党の本拠地を襲撃して菌平を捕獲して拘束して生きたまんま本拠地ごと放火で燃やしてしまえばいいじゃない。

中国でやれ

個人的には中国経済に重大な悪影響を与えているゼロコロナ政策は是非中国共産党が滅びるまで続けて欲しいと思っているよ。中共の存在は日本にとって害悪でしかないからね。

中国の政策なんて100%ウンコで変わり映えが無いと思ってる日本でやってもムダだと思うわ  実際なんでいまさら爆発してんの?なんか飛びぬけて形の悪いウンコでもしたんだっけ?

日本でやるなよ迷惑な。

波及ってか、元々共産党に対する声なんてそれしかないから。報道しない自由か借金漬けのポチの声が不当に大きく響いてただけで

そういうのは中国に帰ってやってくれ。迷惑だ

中国様の利益になる数字は正確に出すの笑いどころなんだ>反中国デモですけど参加者は少なかったですよー

どうぞ祖国に帰ってやって下さいな。運良く戦車にでも轢かれれば世界中から英雄として賞賛されますよ。

なんか謎理論で「全て日本が悪い」に言い換えられそう。物凄い迷惑だな。

国外側の日本からしたらそのデモ自体が迷惑沙汰なんよ

今年度内に恥那が滅亡しそう。人間万事塞翁が馬、コロナは人類を救ってくれたのかもしれない。天安門事件での反省を踏まえて、日本政府は抗議活動を支援するべき。

国内外で凶産党批判が行われている事態をマスゴミが取り上げるって事は、中禍からの「お給金」が足りなくなっているのかな?

祖国の天安門広場でやれ

このデモに参加していた人々が「迫害される可能性がある」と亡命申請するまでがテンプレ。

日本の地上波でも放送され始めましたねこれが続くと最悪第二の天安門事件になるんじゃないかなと思う、上海では中国当局が暴動鎮圧で殴ったり蹴ったりの拷問が開始されてるそうです。

これを弾圧する為に部隊を送り込んで来るんですね、正当な理由だとか言って

他国でデモするなよ韓国かよ

敵国の外患を何故排除できない?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事