安倍元首相の銃撃事件に海外でも悲鳴「銃に厳しい日本でなぜ?」
Photo by S Migaj on Pexels.com
スポンサーリンク
代替テキスト
(C)JMPA

安倍晋三元首相が銃撃され、死亡するという事件が7月8日に発生した。67歳だった。各メディアによると、逮捕された山上徹也容疑者(41)は手製の銃を用いて、狙撃したという。

岸田文雄首相(64)は、犯行に怒りを表明した。銃撃事件の直後に開いた会見で「民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行であり、決して許すことはできない」と強い言葉で非難した。

日本では銃砲刀剣類所持等取締法によって、銃の所持などが厳しく規制されている。そんなわが国で起こった悲劇は、世界中に衝撃を与えている。

G20外相会合では『日本は銃規制が厳しい国なのに、銃撃事件が起きたことに驚いている』との声が上がり、アメリカの『ワシントンポスト』は『世界で最も銃規制の厳しい国で極めて稀な事件が起こった』とオンライン版で報道。

さらにドイツの公共テレビ放送ARDは『日本は武器を持つことについて世界でも最も厳しい法律があり、世界で最も安全な国だ』と伝えています」(全国紙記者)

またTwitterでも、英語圏の人々から「銃に厳しい日本でなぜ?」という“悲鳴”が上がっている。

《安部晋三元首相が撃たれた。日本で銃は厳しく規制されているのに》
《どうして?日本は安全で、銃が許される余地はほぼゼロのはずなのに》
《銃による暴力は、日本では珍しいよね?》

恐ろしい事件で命を落とした安倍元首相。いまは、冥福を祈るばかりだ。

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

自作するレベルの奴に銃規制関係ないから。本質としては無敵の人を規制すべき。厳罰化で。

それは簡単だ。銃社会なら銃に対する警護も考えるし、体格と攻撃力が一致しない事も理解している。手作りの銃砲というのはその間隙を突いていたのだ。

職質なり材料調達への監視やら警察の権限を強化しないといけないわけだ。そうしなければすぐにまた同じことが起きるぞ

ちょっとした知識と、材料と、設備があれば誰にだって作ることができる。信じられないかもしれないが。

簡単な銃はホームセンターの材料で作れる。鉄筒とかハンマーがあればいい。雷管とかが機能する実包(弾薬)が作るのが難しい。火薬入手すれば火縄銃レベルなら可能。銃刀法で規制できるのは銃規制がなかったら起こってた犯行よね。上述したように銃自体は簡単な構造だから製造規制するのは不可能だね。ホームセンターも工業高校も廃止だし当然自動車なんて作れない。

「銃に厳しい」っても、「人に厳しい」に難癖つける奴らがのさばる限りはね。(入管とかヘイト云々とかで騒いだりの)

登録証の名義変更だけで誰でも買える火縄銃も、犯罪者が悪意を持って手にすれば今回の手製銃より十分に脅威になるということだなぁ。電気着火にすれば火縄もいらんし。

そもそも現状だと銃じゃなくとも火炎瓶作って投げ込まれたって大惨事だしなあ…銃規制より人への規制が絶対的に足りない。

s310 ホームセンターよりも100均が武器庫に見える俺

なぜと問われれば正式な銃が手に入らないから、としか。ホームセンターでほいほい買える国なら自作する必要ないし。

簡単に手製できる時代だからな、まあこれが爆弾とかでもやはり防げてなかったろうし……今後は模倣犯が次々出る前提で警備を計画してどうぞだ

精神異常者には激甘だからだ!

パイプショットガン自作する事自体普通やらん、まず試作でちゃんと撃てるかどこかで試しているはず、そして大量の火薬の入手法とか個人で出来る事の限界以上がある気がする・・。

容易に手に入らんがゆえに警備の穴ができてまうんやわ。Y阿呆コメで警備の不備を叩くコメントが散見しとるが、それだけ平穏やったことを誇りこそすれ叩く道理はないわ。

SPってテーザー銃くらい装備してるよね?丸腰じゃないよね?

仮にテーザー銃持ってても間に合わないし、まして周りに人がいる状況で銃なんて撃てるわけがない。

無敵の人を作ってしまう社会構造がそもそもの原因。その原因を取り除くためにどうしなければならないのか、というのを考えてこなかったこと。銃撃事件がこの令和の時代に、それも日本で行われたことと、元首相を撃ち殺した事、そして銃撃動画拡散…もう、いつどこで誰が自作銃乱射してもおかしくない日本になりました。

ヤクザだったら説明が簡単だったかな自分の中では京アニぶりの大事件

アンテナサイト
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事